Entries

【MMO雑記】ダークアイズの思い出

僕にとっては最初にプレイしたMMORPGであり、
自分のMMORPGを作るという夢を持つ切っ掛けとなった作品。


(ネット上に存在しないBGMを持っていたのでアップしたw)

このゲームとの出会いは今から19年前、
僕が高校2年生の終わりぐらいの時期だったと思う。

当時の僕はゲームクリエイターになるため、とりあえずパソコンを購入し、
とりあえずインターネットに接続する環境を整えていたんだけど、
インターネットの有効な使い方というのをほとんど理解していなかった。

この頃は今みたいな常時接続のネット接続サービスは存在しておらず、
僕も月30時間までは定額制で、それ以上は別途料金を支払うタイプのサービスを利用していた。

インターネットの主な使用用途は海外に設置されたエロサイトの閲覧で、
それだけでは月30時間も消費することは無く、余っている時間がもったいないから
何か別の用途は無いだろうかと考えていた。

ちょうどそんな時に発売されたのが『ダークアイズ』だった。

行きつけのゲームショップに陳列されていたのは、上の動画にある黒いシンプルなタイトルと
『日本で最初に作られたMMORPG』
みたいなキャッチフレーズの帯がついたパッケージだったと思う。

裏のゲーム紹介を見て興味をひかれた僕は、
オンラインゲームなら余っている接続時間を有効に活用できると思い、
早速購入して家に持ち帰った。

しかし、なかなかゲームを開始することが出来なかった。

なぜなら、当時の僕はMMORPGというジャンルについて全く知識が無く、
ひょっとしたらプレイヤーが実際にロールプレイをして遊ぶゲームなのではないかと思ったからだ。

僕は小学生の頃、ロードス島戦記にハマり、小説や関連商品をいろいろ買いあさったのだけど、
その中に実際にロールプレイをしている様子を収めた『ロードス島戦記リプレイ』というものがあった。

その中ではみんなキャラ作りをし、中には男性が女性キャラを演じたりもしていた。

仲のいい友達同士ならまだしも、あったことも無い人と、いきなりロールプレイというのはかなり難易度が高い。
その上、不用意に名前を付けて世界観をぶち壊したりしないかとても心配だった。

20180115_ロードス島戦記
(押し入れに眠っていたテーブルトークRPGの本)

勿論、可能性としてあると思っただけなのだが、準備は必要だと思った。
そこで、この日は英語の辞書を開き、海外のそれっぽい名前を探すことに専念した。

半日かけて決定した名前は『ルーク』。
たしか、海外の一般的な男性の名前みたいな意味が書かれていたと思う。
この名前ならどんな状況でも問題無いと思った。

早速キャラクターを作った僕は、心臓をドキドキさせながらゲームにログインした。

ログインすると町の中だったわけだけど、まだ心の準備ができていなかったので、
誰かに話しかけられる前に、すぐ近くの家に駆け込んだ。

それから、しばらくインターフェイスやチャット回りの仕様を確認し、
だいぶ落ち着いてきたので家から出ようと出口に向かった。

しかし、ここで問題が……。
家から出られないのである。

ここにも書いたのだが、実は、ダークアイズはもの凄く完成度の低いゲームで、
この時も、不具合で家に閉じ込められてしまっていた。

まさか製品版のパッケージを買って、そんな簡単にバグが出るなんて思ってもみなかった僕は、
何かしてはいけないことをしてしまったのではないかと不安に駆られた。
そして、僕のせいでみんなに迷惑をかけているかもしれないという疑心暗鬼に囚われ、
逃げるようにログアウトした。

次にログインしたのは2週間後のことだった。
たしか、公式ホームページで不具合だというのを知ったからだったと思う。
ログインしたらちゃんと家から出ることが出来た。

ようやく普通にプレイすることが出来たんだけど、初めてのMMORPGはとても新鮮だった。
人の気配を感じるというのが今までにない感覚で、ただそれだけでリアルで、なんだか楽しかった。

特に好きだったのが、このゲームの対人要素の部分。

このゲームではまず初めにインファンとオーガルという二つの種族の中からキャラクターを選択する。
二つの種族は戦争中で、互いの国は中心にある巨大なダンジョンを境に完全に分かれており、
PKはこの2種族の間でのみ行うことが出来た。

勿論、敵対するかどうかはプレイヤー次第で、僕の方から攻撃を仕掛けるということは無かったけど、
ダンジョンでボケーっと狩りをしている時に、敵国のプレイヤーが画面内に現れた際の
「ビクンッ」とする緊張感がたまらなく好きだった。

実際は殆どソロプレイで、コミュニケーションらしきものはとらなかったんだけど、
ゲームを始めてすぐのころに、一度だけ話しかけられたことがあった。

その内容というのが、
「ひょっとしてスターウォーズのファンですか?」
といったもの。

どうやらスターウォーズの主人公の『ルーク・スカイウォーカー』から連想したみたいだったけど
スターウォーズに特に興味の無い僕は、主人公の名前なんて憶えていなかった。

20180115_ルークスカイウォーカー

「ごめんなさい。違います」
と返事を返すと、僕は酷く落ち込んだ。

というのも、僕はこの世界の住人となじみたくて、平凡かつ、ダサくない名前を付けたつもりだったのだが、
相手の気持ちにこたえることが出来なかったのだ。

ひょっとしたら、スターウォーズファンでロールプレイをしたかったのかもしれない。
それなのに、大切な主人公の名前を取ってしまい、邪魔をしてしまったのではないかと思った。

まぁ、そんなことはあり得ないのだけど、この時代のMMO初心者としては微笑ましいエピソードだと思うw

ゲームの思い出はこれぐらいで大したものは無い。

ネット接続の契約は、月30時間から月50時間になり、さらにはテレホーダイ(夜11時~朝8時使い放題)へと
変えていったけど、今の感覚から言うと、さしてハマったわけでもなく、半年後のリニューアルを前に僕は引退した。

やはり、不具合が多かったことや、バランスが悪かったというのが大きいのだけど、
その代わり、どう改善すれば面白くなるのかといったことを学校で妄想するのが好きだった。

そして、僕はMMORPGを通じて新しい世界を構築したいと思った。
『MMORPGで世界を』なんて大それたことをいうと、小ばかにされそうだけど、僕はそうは思わない。

例えば、地球が滅びるけど、宇宙船に乗って一人だけ生き延びることが出来るとする。
その宇宙船に、ピカソの絵と、美少女の萌え絵のどちらかを持っていけたとする。
ピカソの絵には数百億の価値があり、美少女の萌え絵はコピーされたもので価値は無い。
あなたならどっちを持っていくだろうか?

僕なら美少女の萌え絵を持っていく。
ピカソの絵に価値があるのは、それに価値を見出す人がいるからであって、
僕一人しかいない世界では何の価値も無い。

いずれ電子の海に消えるMMORPGだけど、それは現実の世界も同じことで、いずれ全てが無に帰る。
重要なのは自分以外の誰かの存在であり、あるか無いかよりも、認識したり、されたりすることにこそ
意味があるのではないかと僕は思う。

なんか気付いたらまとめに入ってしまったけど、ダークアイズの話はまだ続くw
 

続きを読む

【TOS】pointingをVer1.4.0にアップデート

ダウンロードはこちらから

とらハムさんの質問箱に
『The Bigger They Areというアドオンがペットの当たり判定を消していた』
という情報があったので、ちょっと中身を見てpointingに機能を追加してみた。



う~ん……
めちゃくちゃ便利だ……w

単純にターゲットを奪うオブジェクトを消しているだけなんだけど、
この機能を追加したことで、マウスモードのイライラを大分解消できたと思う。

特にワールドボスでターゲットしやすくなるのは非常にありがたい。
というか、PC自体もタゲを奪うから、PCごと非表示にする設定も追加したくなった。
まぁ、そこまでやるのもどうかと思うのでやらないけどw

ちなみに、一度消したオブジェクトは再度読み込ませないと
復活させることが出来ない点に注意。

ワールドボスと言えば、最近2PCのペアPT(計4キャラ)が出没するようになった。

いやぁ、萎える萎えるw

うちのPTが7割以上削っているっていうのに、あとから来た2PCが
適当に殴って2倍の報酬とか無いでしょ……w

なんだろうね……。

自動マッチで放置する人もそうだけど、出来るからやるっていうのは違うと思うんだよね。

例えば卑猥な言葉はマスクされるようになっているわけだけど、
間に空白を入れたら普通に発言できてしまうわけで、
これはシステム上できるからといってやっていいというわけでは無い。

では、前者と後者の明らかな違いは何かというと、
やっていいか悪いかが明示されている(想像できる)かどうかだと思う。

元々、多PCが許されているのは家族で遊ぶ場合との区別がつかないからとか
そんな理由からだと思うんだけど、1人で2PC操作は明らかにそれとは違うわけだ。

自動マッチ放置なんかも、みんな放置したらそもそもゲームとして成り立たない。

対処するかしないかは置いておいて、スタンスははっきりさせておかないと、
それが正しい遊びかたということになってしまう。

ここでも書いたけど、僕は2PCでMMOとかあほくさくていやだ。
だって、みんな2PCになったら、意味ないし、ただ面倒臭いだけじゃん……w

本当はシステム的に対処するべきなんだろうけど、IMCだから期待はできない。
だから、運営側でガイドラインを明確にしてほしいんだよね。
そうすればせめて目に見えるところでやる人はいなくなると思う。

アドオン作ってる僕がこんなこと言うのもなんだけどね……w
 

【TOS】サモニングオベイ+巨人のルーン……ビルリセ後

以前紹介したビルド
これをR9環境に合わせて少し手直ししてみた。

TOS180105_001.png
ウィザード、パイロ3、ソーサラー2、ルーンキャスター、エンチャンター2

巨人のルーンとオベイ中のスキル連打でジャンプダメージが発生する現象を有効活用したビルド
装備とかカードは省略



動画はウィザード3クリオ1のバージョン。
エンチャントファイアはスクロール化できるので、パイロいらないかなと思ったけど、
普通にジャンプ攻撃が強いので、今日ビルリセ貰えたらパイロ3に変える予定。

ただ、他のキャラの育成が大変なので、
このキャラに関しては完全にこのネタだけの存在になっていたりするw

普通に強いと思うけど、おそらく不具合なので、参考にする人は覚悟してくださいw
 

【TOS】3日ぶりの日課

僕は毎年正月になると三日ぐらい家を空けるんだけど、
去年は、そのせいでログインイベントの報酬が貰えなかった。

当時の僕は、TOSが面白くなると信じて、我慢して遊んでいた部分が多く、
タイトルを全てコレクションすることを一つの目標としていたので、
正月限定のタイトルを逃すというのはかなり致命的な問題だった。

元々消えかけていたモチベーションが完全に消えた僕はTOSを引退。
まぁ、3か月後には復帰したわけだけど、
あれから一年。
こんなにこのゲームで遊ぶことになるとは思わなかった……。

ここまで続いたのはフレンドの存在が大きい。
しかし、最近は彼らのモチベーションも大分落ちているみたいで、
なかなかコンテンツを楽しむって空気ではない。

原因が僕にあるのか、ゲームにあるのか、フレ自身にあるのかは分からないけど、
元々フレがいたから続いたわけで、その逆もまた然り、
それが価値観の共有というものなんだけど、なかなか寂しいね。

これに限らず、物事には大抵メリットとデメリットを併せ持っていたりする。

例えば、日課と呼ばれるデイリー要素なんかも、人をつなぎとめる効果がある反面、
後発が追い抜けない理由になるので新規プレイヤーが集まりにくくなってしまう。

だから、大型アップデートと称して今までの価値観を潰し、
新しい価値観を作ることで新規に人を呼ぶわけだけど、
それをすると今まで頑張っていたプレイヤーが萎えてしまう。

今回のアップデートも多くのプレイヤーが戻ったと思うけど、
その反面、ソルミキ武器まで取ったのにやめたプレイヤーもいる。

MMOの継続って本当に難しいけど、
こういったことを理解しているかどうかってとても重要だと思う。

少なくとも、釣りで聖域ともいえるコレクションアイテムを入れてしまうあたり、
IMCは分かっていないように見えて恐ろしいw

タイトルから大分かけなはれてしまったけど、3日ぶりに防衛に行ってきた。

TOS180104_001.png

アライグマまで後一か月……!!
ビルリセで武器が無くてかなりしんどいけど、あと少しなので頑張りたいと思う。

つまらない記事で申し訳ないですが、ブログのタイトル通り、
今年もこんな感じでやっていこうと思っていますw

よろしくお願いします。
 

Appendix

プロフィール

 ねこすじ

 Author:ねこすじ
 ねこ一筋 めこすじ です。

アクセスカウンター

 
 (閲覧者数)

Appendix

検索フォーム

 

ブログ項目選択

 
 
 

最新記事

【MMO雑記】ダークアイズの思い出 (01/15)

【TOS】pointingをVer1.4.0にアップデート (01/08)

【TOS】サモニングオベイ+巨人のルーン……ビルリセ後 (01/05)

【TOS】3日ぶりの日課 (01/04)

【TOS】R9環境のビルドを考える……クレリック編 (12/29)

最新トラックバック