Entries

ウィンドウフルスクリーン化

ウィンドウフルスクリーン化とはウィンドウモードで起動したゲームの解像度を画面サイズと同じにし、ウィンドウ位置を少し
ずらしてあたかもフルスクリーンのように見せかけることを指します。

マルチスクリーン環境や、wikiを見ながらフルスクリーンでゲームを楽しみたい時など、起動のたびに手動で位置調整せずに
済んで便利です。

今回はプログラムの起動に合わせてウィンドウのサイズと位置を変更し、ウィンドウフルスクリーン化するチュートリアルです。
 
 
ウィンドウフルスクリーン化1
トリガー起動時に設定します。

監視プログラム(起動を監視するプログラム)を指定します。

対象プログラム(ウィンドウフルスクリーン化するプログラム)を指定します。

ウィンドウ操作にチェックを付けます。

操作種別を指定にします

サイズ変更にチェックをつけます。
 ゲームによってはゲーム側でウィンドウサイズを変更しなければ正常に動作しない場合があります。
 また、ここで指定する値はウィンドウ全体のサイズです。(クライアント領域のサイズでは無い)
 ゲームに合わせて設定するかしないか決めて下さい。

位置変更にチェックをつけます。
 ここで設定する値はゲームやWindowsの環境に依存します。
 製作者の環境だとX-3、Y-18がちょうどいい位置です。

対象発生まで待機にチェックを付けます。
 トリガー起動時はアプリケーションが起動した場合を指します。
 しかし、その時点ではウィンドウが生成されていないため、ウィンドウ操作系のアクションは失敗します。
 この項目にチェックをつけると、タイムアウトで指定したミリ秒(1/1000秒)が経過するまで、ウィンドウが生成されるのを
 待ちます。

OKボタンを押します。




◆うまくいかない場合
ゲームによってはゲーム起動→ウィンドウ生成→ウィンドウサイズ変更といった流れを取っているものがあります。
この場合、ウィンドウ生成の時点でChainTaskがウィンドウサイズを変更ゲームがウィンドウサイズを変更といった
動作を取り失敗するときがあります。
その場合は以下のように上記の物を変更してみて下さい。

ウィンドウフルスクリーン化2
トリガーアクティブ時に設定します。

実行待機に適切な値をミリ秒で指定します。
 実行待機とはトリガーの条件が一致してから実際に実行されるまでの待ち時間です。
 今回の場合はゲーム側がウィンドウ生成からウィンドウサイズを変更するまでをミリ秒で指定します。
 プログラムの都合上、実行待機の後に対象発生まで待機といったプライオリティになっています。
 

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosuji.com/tb.php/17-dd982db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

 ねこすじ

 Author:ねこすじ
 ねこ一筋 めこすじ です。

アクセスカウンター

 
 (閲覧者数)

Appendix

検索フォーム

 

ブログ項目選択

 
 
 

最新記事

【レビュー】キャラバンストーリーズ (12/09)

【TOS】うちの固定PTの39F対処方法 (11/29)

【TOS】Cooldown Tracker 修正版 (11/28)

【TOS】僕考ビルドリセットシステム (11/24)

【TOS】ティメリス土方 (11/22)

最新トラックバック