Entries

【ゲーム論】MMORPGのモバイル化について思うこと



呼び方はモバイルゲーム、ソーシャルゲーム、スマホゲームと、いろいろあると思うけど、
最近はPC向けの大型MMORPGより、スマートフォンを主としたモバイル端末向けの
MMORPGが作られることの方が多くなってきたと思う。

MMORPRをモバイル化させるメリットは、近年のスマートフォンの爆発的な普及率の増加と、
何処でもプレイできるので、ライト層も取り込みやすいということ、
他に、開発費を安く押さえることが出来るというメリットがあるからだろう。

なぜソシャゲが流行ったかというのは『MMORPGと価値観の共有』で詳しく書いたけど、
MMORPGをモバイル端末向けに作るということについては触れていなかった。

僕の考えとしては、はっきり言って、PC向けのMMORPGをモバイル化させるというのは
あまり賢い方法ではないと思っている。
(従来のポチポチ系スマホRPGをMMO化させるのは別として)

今回は、この『MMORPGのモバイル化』について、僕の考えをまとめたいと思う。
 

MMORPGがモバイル化に向かないと思う理由

僕がMMORPGをモバイル化させるのに向いていないと思う最大の理由が操作系の問題。

スマートフォンの場合、ディスプレイと操作部分が一緒の為、複雑な操作が難しい。
3Dや自由移動といった、本格的な作りであればある程、タッチパネルとの相性の悪さが目立つ。
さらに、そういったMMORPGのほとんどが、画面を横に向けて操作するわけだけど、
スマートフォンの小さな端末を、両手で長時間操作するのは結構疲れる。

それを解消するために入れ込まれたのが自動(放置)戦闘なんだけど、
これはこれで別の大きな問題をはらんでいる。

まず、放置することに制限が無い場合、常に放置し続けるプレイヤーがいる以上、
それを前提としたバランス調整が行われるようになる。

プレイヤーは、最初のうちは他のことをしていても勝手に成長してくれるわけだから、
お得感を感じて楽しいと思う。
でも、ある程度遊んで、ゲームの理解が進んでくると、ゲームバランス自体が
放置を前提とした調整がされていることに気が付く人も出るだろう。

そうなると、常に端末を起動させなければならないことが、逆に苦痛になる。
特にスマートフォンのバッテリーを過剰に消費するのは、端末の寿命を大きく縮めることになる。

オートバトルは時間の少ないライトプレイヤーと廃人の差を開きにくくするという利点があるものの、
スマートフォンしかもっていないプレイヤーには学生が多いわけで、放置がしにくいとなると、
逆に差が広がることになってしまう。


ソシャゲが流行った理由を正しく理解することが重要

なぜ、ソシャゲが流行ったのかは、既に『MMORPGと価値観の共有』で説明した通り。

例えMMORPGをそのままモバイル化させたとしても、オートバトルに自由な取引が可能なら、
自動戦闘で簡単にした分、複数アカウントのメリットが増えてしまう。
そうすると、業者じゃなくても公式BOTを使った業者プレイをする人が現れてしまうだろう。

勿論、制限の無い自由な取引を実装しているモバイルMMORPGは無いとは思うけど、
重要なのは、オートバトルでは無く、ソシャゲでは当たり前の帰属要素の部分にあると理解できると思う。

また、放置要素が完全に悪いというわけでは無くて、時間の無い人も楽しめるというコンセプトは、
『価値観の共有』の概念から言ってもとても重要であると言える。

例えば、『キャラバンストーリーズ』にはキャラクターごとにスタミナが設定されているから、
完全放置はできないし、『ドールズフロントライン』の後方支援なんかは、オフラインでも可能な
放置要素と言える。

放置要素に重要なのは、0か1かではなく、どの程度の制約を設けるかの部分にある。

MMORPGをプレイする人は、腰を据えてどっしり、長期間プレイしたいという人が多いと思うので、
放置要素を強めるなら、操作性の面から言っても、それ専用のクリッカーゲーをMMOに進化させた方が
適切であるのではないだろうか?


ソシャゲをMMORPG化させるという考え方

ここまでは『MMORPGをモバイル化』させることについてのデメリットを書いたけど、
僕は逆に『ソシャゲをPC向けにMMORPG化』させるという考え方を提唱したい。

というのも、MMORPGをモバイル化させるメリットというのは、
・開発費が安く済む
・スマホはあるけどPCはもっていないプレイヤーをターゲットに出来る
・どこでもプレイすることが出来る
ということがあると思うけど、

最初の開発費が安く済むというのは、技術の進化とともにすぐに肥大化するだろうし、
PCだからと言って、必ずしも高クオリティのゲームでなければいけないという理由は無い。
(参考:Realm of the Mad GodDead Maze

スマホはあるけどPCはもっていないプレイヤーをターゲットに出来るという点は、
あくまでも、MMORPGというジャンルを初めて知った人が嵌りやすいというだけの話で、
既存のMMORPGの抱える問題点を解決できないなら、すぐに廃れてしまうことが予想される。

特に日本では、スマートフォンに特化した作りのゲームが進化してきた基盤があるため、
MMORPGというジャンルも、『リネージュ2レボリューション』で初心者層が大々的に
開拓されてしまった以上、後追いはなかなか難しいところだろう。

最後のどこでもプレイできるという点も、PC向けMMORPGをスマートフォンと連携させることにより、
クリアできる問題だったりする。

次回は、『ソシャゲをPC向けにMMORPG化』させる方法について、具体的に説明したいと思う。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート ラインで送る
Pocketに保存
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosuji.com/tb.php/210-2d9328ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

 ねこすじ

 Author:ねこすじ
 ねこ一筋 めこすじ です。

Appendix

検索フォーム

 

ブログ項目選択

 
 
 

最新記事

【TOS】コンテンツのありかたについて思うこと【僕考】 (12/07)

【TOS】pointingをVer1.6.0に更新 (11/28)

【TOS】ハナミンのかぶりものとか (11/25)

【TOS】やっぱりリマソンマン (11/20)

【TOS】Re:Buildのクラスシステムを僕考 (11/14)

最新トラックバック